就任祝いのマナー・タブー

就任祝いを行う時には、マナーやタブーがあるのでご紹介したいと思います。
まず、先方の役職や名前に誤記がないかと言う事はしっかりとチェックしておく必要があります。
当然ながら間違ってしまっていると失礼になってしまうので注意が必要です。
次に就任祝いをする時機としては、正式に辞令が決定された後に早い段階で贈り物等をします。
気を付けたい点としては、辞令が決定する前の段階で就任祝いをしてしまうのは失礼になってしまうと言う事です。
きちんと確認をされてから就任祝いをする事が望ましいです。また、仏滅は縁起が良くないとされているので贈る日時としては避けた方が良いです。
加えて、贈り物としては目上の方等には現金を贈る事は失礼になってしまうと言うのを覚えておいた方が良いと言えます。
ただし、例外としては先方が海外に栄転をされるケース等が挙げられます。しかし、現金のケースでは個人としてではなく、部署等として贈られる事が無難となっています。
就任祝いの贈り物としては胡蝶蘭等が良いとされています。
何故、胡蝶蘭が良いのかと言うと花言葉は、幸運が飛んで来ると言った縁起の良い物なので就任祝いとして贈るには適してると言えるのです。
更に贈る際には会社や自宅で胡蝶蘭を飾る時に不都合がないかと言う事の検討をしておいた方が良いです。
就任祝いとして大きなサイズの胡蝶蘭を贈られる場合は、そちらを置くだけのスペースがあるかと言う事も考慮した方が無難と言えます。
どのような胡蝶蘭を選べばいいのか分からないと言う場合は、就任祝いには相応しい物はどれか尋ねてみるのも良いと思います。
他にも贈り物をする際には大体の相場等を踏まえて贈る事が大事だと言えます。

 

就任祝いの贈り方はこちら