就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

就任祝いに現金を贈ると言う場合は、その相場等に関してしっかり知識があった方が無難な様に思います。
今回は就任祝いに現金を贈ると言うケースに関して解説して行くので、参考までに目を通して頂けたらと考えています。
まず、上司や目上の方が栄転等をされたと言う際に就任祝いをするという場合は、現金を贈る事は控えなくてはいけないと言うのは知っておきたい所だと言えます。
これは、先方に失礼になってしまったりするので、気を付けたい所です。
それでは、友人等の場合はどれぐらいが相場になるのかと言うと5千円から1万円程度となるようです。親戚の間柄でも同様に5千円から1万円程度が相場となっていたりします。
加えて、兄弟姉妹の間では1万円から3万円程度とされているようです。
更に同僚等の場合はどの程度が相場となっているのか気になる所だと思います。
これは個人的に贈るのか、あるいは部署によって贈るのかによって相場が異なるようです。
ちなみに個人では3千円から1万円程度、部署では1万円から3万円程度が相場だったりするそうです。
尚、上記で紹介した相場は目安となる物ですので、その関係性によっても異なってくると言えます。その辺りをよく考えた上で、決めて行く事が大事だと言えます。
就任祝いとして贈る物としては、現金他にはどのような物があるのかと言うと商品券等があったりします。加えて、胡蝶蘭等を贈られる事も多かったりするようです。
胡蝶蘭はその華やかさ等で喜ばれやすかったりするようです。
お酒を飲まれる方でしたら、趣味に合ったワイン等が就任祝いの贈り物として選ばれたりする事もあったりします。
相手の嗜好等をリサーチした上で、就任祝いを贈ったりする事も肝心だと言えます。