就任祝いの胡蝶蘭の贈り方

就任祝いに何を贈ればいいのかと検討されている方に、お勧めの品物としては胡蝶蘭があります。
どうして胡蝶蘭がお勧めなのかと言うと、幸運が飛んで来ると言うとても縁起の良い花言葉があるのがその理由の一つとして挙げられます。
他にもその見た目の華やかさからお祝いをする時に贈る品物として好まれやすかったりする事や比較的花粉や匂いも少なめだと言う事も理由になっています。
胡蝶蘭を贈る時期としては何時が良いのかと言うと正式な形で辞令が決まったら、出来るだけ早めに贈ります。遅れてしまっても1週間以内に贈る事が望ましいと言えます。
尚、贈る際の日程としては仏滅の時にならない様に気を付ける事が必要です。
また、就任パーティー等が開かれる際には、その時に贈ると言った場合もあります。
それでは就任祝いとして贈る場合の胡蝶蘭は幾らぐらいかと言うと社長として就任をされた場合は5万円以上とされる事が多い様です。
役員や取締役等の場合は3万円ぐらいが相場とされるようです。あくまでこちらは目安なので先方との関係性によっても変化をするという事を覚えて置きたい所です。
加えて、一般的にビジネスの関係において就任祝いとして胡蝶蘭を贈られる際には立札を付けたりをされるようです。
また、お祝いの文言はどのような様な物にすればいいのかと言うとケースバイケースで変わって来ます。
例えば、どういったお祝いにも使用出来たりするのは御祝や祝があります。
他にも先方が昇進をされる時には御昇進御祝や祝御昇進としたり、栄転をされた場合は御栄転御祝や祝御栄転等と記載をしたりするようです。
更に立札には御祝いの文句だけではなく、贈り主の名前も書き添える事になります。
胡蝶蘭を販売している店舗によっては無料で立札を付けてくれる所もあるようなので、相談をしてみるといいです。

 

就任祝いに最適な胡蝶蘭